SAMURAI&J PARTNERSロゴマーク
トップページ 製品情報 ダウンロード お問い合わせ 採用情報 会社情報 関連会社情報
HOME > メールマガジン バックナンバー > 新生 第004号
株式会社デジタルデザイン発 - 情報発信メールマガジン -
MailMagazine 新生 第004号 [2015/06/17]

〔今号のテーマ〕 部下のモチベーションを2割上げると会社が大きく成長する?!
[ お知らせ ] 平成28年1月期第1四半期決算短信発表
[ お知らせ ] OCUP2追加プロモーションのお知らせ
[ お知らせ ] プロダクトインフォ・・・システム開発

部下のモチベーションを2割上げると会社が大きく成長する?!


こんにちは、メルマガ担当の伊藤です♪いよいよ雨の日が多くなりジメジメとする毎日ですが、気分だけでもスッキリ♪と 快適に過ごす工夫をしたいものですね。

さて、今号のテーマは、「上司のマネジメント力、組織力」と題して、元 (株)CSKホールディングス代表取締役会長、 現(株)デジタルデザイン会長の福山義人にインタビューしました。福山は、情報処理業として日本初の株式公開を果たした ベンチャー企業CSKの創業者大川功氏に師事し、CSKの激動の歴史の中で中心的役割を果たした人物です。

Q1.創業者大川氏に師事した中で、ご自身に活かしてきたエピソードの一つは何ですか?

A. 部下のモチベーションを上げることが会社の成長にいかに大切か、という話ですね。

Q2.モチベーションを上げることはそんなに大事なことなのでしょうか?

A. ITの事業の生産性は、機械が製品を作る製造業と違い、エンジニア一人一人の生産性が大きく影響します。彼らの モチベーションを引き上げ、やる気にさせることが、組織全体の生産性に繋がるのです。

Q3.どんな方法でモチベーションを上げるのですか?

A. 仕事をする中でモチベーションが上がるのは、自分の仕事を直接見てくれている、直属の上司から正当に評価して もらえたと見える“瞬間”です。
正当な評価、それはさりげない「ねぎらい」の言葉であり、「素晴らしいね」「よくできたね」といった褒め言葉で あったりします。上司はこれを上手く使い分けて部下のモチベーションを掻き立ててあげることが大切です。

Q4.組織(会社)がモチベーションの高い人の集団になると、なぜ成長するのでしょうか?

A. 大川功氏は私にこう問いかけました。「モチベーションを掻き立ててくれる、良い上司の下についたら、持てる 能力の2割ぐらいパワーアップができそうな気がしないか。逆にモチベーションを下げるようなことばかり する上司の下だと、持てる能力は2割ぐらいパワーダウンしそうな気がしないか。」
同じような能力を持ったAさんBさんがいます。モチベーション2割増しのAさんは1.2、2割減のBさんは0.8とすると、 その差は実に5割の差です。Aさんがやる2人分の仕事を、Bさんは3人分かけてやることになるのです。その差は大きく、 よって会社の成長力にも大きく影響が出るというわけです。

Q5.しかし、部下を褒めるというのは簡単そうでなかなか実践している上司は少ないような気がします。 福山会長は、どんな風に工夫されましたか?

A.私は上司というのは“上司という役割を演じる人”だと思ってきました。褒めることは何となく恥ずかしい、 照れくさいと思いがちですが、それは上司の役割・仕事だと思えば、褒めてあげることができるのではないで しょうか。 心理学では、自分の思っていること、感じていることを自分の言葉として直接相手に伝えることを “Iメッセージ”といいます。
思い切って“Iメッセージ”を伝えてみませんか。効果の大きさに驚かれるかもしれません。

いかがでしたか?「部下のモチベーションが会社組織の大きな成長に繋がる」なんとなくと感じていたことが こんな風に説明されると、納得いきますね♪
上司の方。ぜひ、部下のモチベーションを掻き立ててあげてくださいね♪



平成28年1月期第1四半期決算短信発表


平成28年1月期第1四半期決算短信を発表いたしました。

http://www.d-d.co.jp/pdf/96837172.pdf


OCUP2追加プロモーションのお知らせ


世界的標準モデリング言語であるUML2.5のスキル習得の指標となるOCUP2を本年3月にリリース致しました。
立ち上げの為にスタートアップキャンペーンを企画いたしましたが、
http://www.umlcert.org/campaign/start_up2015.html
予想以上のお問い合わせを頂戴しております。
特に自習の為のテキストのお問い合わせが多かったため、この度、バウチャーチケット+テキストのプロモーションも開始致しました。
http://www.umlcert.org/exam_info/voucher_ocupf.html
今後も、よりOCUP2の浸透を目指し、皆様にとってのよりよい環境、メニューをご用意し続けていく所存です。
何卒、宜しくお願い致します。

【本件に関する問合せ先】  株式会社デジタルデザイン 営業部
 メール: dd_sales@d-d.co.jp
 お電話: 03-5259-5300(代)


プロダクトインフォ・・・システム開発


事例ご紹介(大手広告代理店様)

弊社CorporateCASTを基盤とした画像アーカイブシステムをご使用頂いていましたが、この度改修を行うことにより、 より多くの付加価値を生み出すことに成功しました。上記お客様では、社内外のクリエイターが作成した、 優れたCM画像(作品と呼びます)を表彰するという制度があります。今まで、エントリーの際には、画像に作品内容説明文を 付けて受付担当者に送付していましたが、送付方法がまちまちで、受付担当者の業務は非常に煩雑でした。
今回の改修では、クリエイターによるwebのみでのエントリーが可能になり、受付担当者の業務が劇的に軽減されました。 また、Windowsクライアントしか動作しない旧システムはクリエイターから敬遠されがちでしたが、今回、対象クライアントを MACにも広げたことにより、全社における利用率は大幅に増加しました。
弊社では、このような画像処理やアーカイブ技術に加えてRDBのスキルを持ったエンジニアがおり、多くの開発実績も ございます。今回の改修作業はまさに潤滑なチームワークによる賜物だと自負しております。

【本件に関する問合せ先】  株式会社デジタルデザイン 営業部
 メール: dd_sales@d-d.co.jp
 お電話: 03-5259-5300(代)

──────────────────────────────────────
発行元:株式会社デジタルデザイン ( http://www.d-d.co.jp/ )
当メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます
──────────────────────────────────────