IRポリシー

IRの基本方針

当社は、株主や投資家の方々に、「充実した情報」を「公平」かつ「迅速」にお知らせするために IR(Investor Relations)活動を行っています。
決められた重要事実公開手順を踏まえたうえで、業績結果、財務内容、トップマネジメントが持つ 将来ビジョンや経営戦略を、「わかりやすく」、「正確」に伝えることを基本方針としております。

公開情報の即時性・公平性

四半期毎の詳細な業績開示など適時の重要情報開示を行うほか、開示するべき「その他の重要な事実」についても迅速に公開していくことにより、投資家の方々の便宜を図ることを心がけてまいります。
更にインターネット上のホームページでの情報開示などによって、情報公開の即時性、公平性を目指してまいります。

未公開の重要事実に関して

当社が印刷物、ホームページ、電話によるお問い合わせ、取材等において公開する情報は、すでに公開もしくは周知となった当社に関する事実もしくは一般的なビジネス環境等に限ります。
未公開の重要事実については一切言及いたしません。

IRの自粛期間

決算発表資料を準備している間に株価に影響を与える情報が漏れてしまうことを防ぐために、 当社は、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを「IR自粛期間」と決めて、IR活動を自粛しています。
この期間中は、決算内容に関してコメントすることや質問にお答えすることを控えさせていただきますので、 ご理解いただきますようお願い致します。

投資判断について

当Webサイトに掲載されている事項は、当社の財務情及び経営情報をご理解していただくためのものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身のご判断で行っていただきますようお願い致します。