SAMURAI&J PARTNERSの行動規範

SAMURAI&J PARTNERSの経営理念

新しい価値の「創造」を通じ、常に「挑戦」し続けることにより、 社会に活力を提供し、活発で活性化された組織で 共に夢と希望を追い求め、共に「成長」することにあります。

社員・顧客・ビジネスパートナー・株主・そして地域社会、出会う全ての接点において、 責任を持った行動と透明な言動が信頼・理解・賛同を得ます。 その積み重ねが、満足・尊敬となり、感動が生まれます。

Creative!Challenge!Growth!
SAMURAI&J PARTNERS3つの精神

1.創造し

2.挑戦し

3.成長する

SAMURAI&J PARTNERSの企業ミッション

企業のミッションは、利益を出しつづけること、 それぞれのステークホルダーに対する責任を果たすことにあります。

デジタルデザインの行動規範

SAMURAI&J PARTNERSの社員として誠実かつ適切な行動をとるための共通の価値観や倫理観、そして行動のよりどころとなる規範をそれぞれのステークホルダーに対して示します。

従業員に対して

  • 社会人としての自覚を持って行動し、企業人として仕事のプロフェッショナルを目指します。
  • お互いに他の人格と価値観を尊重し健全で明るい職場環境を追求します。
  • 有形・無形にかかわらず、会社の財産を適宜・適切に扱います。

顧客に対して

  • お客様と公正な取引を行うとともに、常にお客様の立場にたって行動します。
  • お客様の誤解を招かないように、正しい情報を誠実に提供します。
  • お客様の満足と信頼を得るために、質の高い商品・サービスを提供します。

ビジネスパートナーに対して

  • すべてのビジネスパートナーとは対等で公平な取引関係を築き、誠実に事業をおこないます。
  • 公正かつ公明な取引を通じて、最良・最適なサービスを調達するとともに供給します。

株主に対して

  • 株主の利益を考え、高い倫理観と責任感をもって行動します。
  • 現状にとどまらず、より魅力ある企業となるよう常に努力し、企業価値を高めます。
  • 株主の正しい理解と評価を得るため、企業情報の積極的な開示をおこないます。

地域社会に対して

  • 社会の発展なしには企業の発展はありえないことを認識し、社会との交流を通じて、共に発展することを目指します。
  • 社会から疑惑や不信を招くようなことがないよう、社会との健全かつ正常な関係を維持・確立します。

SAMURAI&J PARTNERSが求める社員の人材像

SAMURAI&J PARTNERSをマズローの欲求5段階説に例えると

SAMURAI&J PARTNERSの行動指針

SAMURAI&J PARTNERSの企業ミッションを果たすため、私たち一人ひとりの行動の基本方針を示します。

適切な文書・情報管理

文書・情報の管理の重要性を認識し、適切な管理に努めます。

守秘義務

顧客情報をはじめ、守秘すべき情報は厳重に管理し、正当な理由なく決して他に漏らしません。

会社財産の保護

会社財産は、企業価値を生み出す源泉であることを認識し、これを大切に取扱い、害するような行為をおこないません。

適切な権限に基づく責任ある業務遂行

法令・社内規程に基づき、責任をもって効率的な業務遂行に努めます。

公正かつ透明な意思決定

意思決定にあたっては、決裁基準、その他社内ルール、法令に則り、かつ適正な資料に基づいてこれを行います。

適正な会計処理・内部牽制

法令、社内規定に基づき、適正な会計処理を行い、有効な内部牽制機能を築きます。

与信管理・債務管理の徹底

事業活動の成果を不必要に減少させないように、取引先の与信管理・債務管理を徹底します。

競合する取引・業務の制限

会社の業務と直接的または間接的に利害関係を有する競合取引を承認なしにおこないません。

健全かつ安全な職場の維持

健全かつ安全な職場環境に関わる社内規程を遵守するととも、風通しの良い職場を作ります。

反社会的勢力との関係者遮断およびトラブル対応

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決するものとし、一切の関係を持ちません。また、これらの活動を助長するような行為はおこないません。トラブル等が発生した場合は企業をあげて立ち向かいます。

公私の識別

会社の立場と私的な個人としての立場を明確にし、職場内に私的な利害関係を持ちこんだり、
職場外に会社の立場を持ち込みません。

人権尊重

性別、年齢、出身地、国籍、人種、民族、信条、宗教、疾病、障害等による差別をせず、人権を尊重し、差別や嫌がらせのない職場の維持に努めます。

プライバシーの保護

私達一人ひとりのプライバシーは最大限に尊重し、不当に侵害しません。

セクシャル・ハラスメントの禁止

健全な職場環境を実現するために、いかなる形でもセクシュアル・ハラスメントをおこないません。

お客様への誠実な対応

お客様のご意見に誠実に耳を傾ける姿勢を持ち、これを今後の業務運営に活用します。
商品・サービス等の表示・説明と広告等、お客様に商品・サービス等の正しい情報を提供し、お客様へ安心と満足をお届けします。

公正な

公正な市場競争を通じて、私達が扱っている商品・サービス等を適正な条件で提供することが最大の顧客サービスであることを認識します。

公正・公平な取引先の選定

商品・サービスの調達および供給先の選定にあたっては、公平なビジネスの機会を提供し、公正な選定をおこないます。

節度ある接待・贈答

節度を越えた接待・贈答を行なわず、また受け付けません。

情報の適時・適切な開示

会社の経営状況および企業活動全般について正しく理解頂くために、株主、お客様等に対し、
適時・適切な情報開示に努めます。

適切な広報活動

適切な広報活動を通じて、会社の正しい評価・理解を得るように努めます。

社会貢献

会社はよき企業市民として、より良き社会の実現に努めます。私達一人一人は自ら社会貢献について考え、社会貢献に努めます。